老舗の読み方はしみせ しにせ ろうほのどれが正解なの?

老舗しにせしみせろうほ 日常&気になること

時々・・・なぜか崎陽軒の
シウマイ弁当が食べたくなるみちです。
ご機嫌よう^^

この崎陽軒、明治41年創業の老舗です。

老舗

突然ですが、この老舗っていう漢字、
あなたは何と読みますか?

日本語って・・・読み方がいまいちあっているのか
悩ませられる漢字に遭遇しますね💧

この記事では、読み方に一瞬戸惑いがちな
老舗についてご紹介します。

スポンサーリンク

老舗の読み方

あなたは、老舗をどう読みますか?

正解は

しにせです。

完全な当て字・・・
こりゃ知らなきゃ読めないよね・・・(⌒-⌒; )

老舗をろうほと読むのは間違いなの?

音読みで ろうほと読む方もいます。
しにせの方が一般的で、馴染みがあるので、
ろうほと言われると

「違うよ〜って」

って言いたくなるかもしれませんが、
多くの辞書でも「ろうほ」という読み方も
載せられていますので、間違いではありません。

老舗の正しい読み方は、
ろうほ と しにせ

両方ともOKですが、
しみせ とは読みません。

ただ・・・

もしかしたら、しみせは
方言なのでは?という説もあるので、

ご存知の方がいらっしゃいましたら、
教えていただけたら嬉しいです^^

老舗の意味

老舗の意味は

《動詞「しに(仕似)す」の連用形から》
代々続いて同じ商売をしている格式・信用のある店
 先祖代々の家業を守り継ぐこと。
引用元 Goo国語辞書

と書かれていました。

先祖代々続く、
由緒正しき古き良き企業やお店という感じですね

老舗は何年続けば老舗なのだろう

代々続くって、一体何年続けば老舗の
仲間入りができるのでしょうか?

実は、

スポンサーリンク

○年続ければ老舗認定!のように、
老舗企業と名乗れるかどうかの基準は
はっきりしていません。

でも

企業間で取引をする際、その相手のことを知るために行う
信用調査を行なっている会社や日本の老舗サイトから
老舗の目安は見つけられそうです。

例えば、

帝国データバンクでは、
創業100年以上を長寿企業と呼んでいたり、

東京商工リサーチでは、
創業30年以上を「老舗」と定義 しています。

また、日本老舗サイトでは、入会資格として

1.創業より百年以上経過しており、本会主旨に沿う店
2.百年には満たないが三代以上継承している店
3.上記にはあたらないが、日本老舗サイトが特に推薦する店

引用元:日本老舗サイト

となっていました。

例え3代続かなくても、
ある事業やジャンルで先駆者として
頑張って続けている会社も老舗として呼ばれることもあるし、

業種によっては、
50年なんて、まだまだ若いと思われてしまう
業種もあります。

老舗の類義語

老舗の類義語としては、

古い店
歴史ある店
格式ある店
伝統のある店
名門
元祖
名店
本家
古株

などの言葉があります。

日本最古(創業から1000年以上)の老舗 TOP5

    1. 金剛組 (578年創業の建設業)大阪
      (現在は高松建設グループ会社)
    2. 池坊華道会(583年創業 生花)京都
    3. 慶雲館  (705年創業旅館)山梨県
    4. 古まん  (717年創業 旅館)兵庫県
    5. 善吾楼  (718年創業 旅館)石川県

今の時代・・・・
創業から1000年以上続くご長寿企業の努力は、
計り知れないほど大変なことだと思います。

老舗旅館・・・一度は伺ってみたいものです・・・

まとめ

老舗は、しみせではなく
しにせと読まれるのが一般的ですが、
ろうほでも間違いではありません。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
みち

40代の主婦です。子どもが小学5年生の時に不登校になり、森田直樹先生のコンプリメントトレーニングと出会いました。
このブログでは、日常のお役立ち情報やコンプリメントトレーニングの経験談を書いておりますが、コンプリメントトレーニングに関しましては、今現在のトレーニングの内容とは異なる部分があります。ご了承の上、参考程度にお読みいただければ幸いです。

みちをフォローする
日常&気になること
みちをフォローする
コンプリメントトレーニングPLUSお役立ち情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました