※当ブログは広告を掲載しています

フレンチトーストを一晩漬けるのは危険?安全で美味しい作り方と子供と楽しむ簡単レシピ

子どもと料理 日常&気になること

フレンチトーストは一晩漬けることでさらに美味しさが増すし、
朝食にぴったりのメニューだな~って
思っているのだけれど

一晩漬けることで生じる衛生面の不安やリスクって
気になりませんか??

この記事では、フレンチトーストを安全に一晩漬ける方法と、
子どもと一緒に楽しめる簡単レシピをご紹介します。

スポンサーリンク

フレンチトーストを一晩漬けるのは本当に危険?

フレンチトーストを一晩漬ける際に心配なのは
食中毒のリスク

特に生卵を使うとなると
サルモネラ菌の繁殖が心配ですよね(;’∀’)

でも

適切な衛生対策すれば
一晩漬けても安全に楽しむことができるので

Let’s Try!

安全にフレンチトーストを一晩漬けるためのポイント

フレンチトーストを一晩漬ける際に
注意しているポイントはこちら♪

  1. 新鮮な卵と牛乳を使う:賞味期限内のピチピチの食材を使う
  2. 冷蔵保存する:常温保存はダメ🙅‍♂️、冷蔵庫でしっかり冷やす
  3. 密閉して保存する:ジップロックなどでガッチリ密閉して、空気とバイバイ
  4. 調理器具は清潔なものを使う:器具はピカピカに磨いて、衛生的に
  5. 24時間以内に調理する:一晩寝かせたら、次の日中に美味しく仕上げる
  6. 中まで火を通す:調理の際はしっかり火を通して、安全第一で美味しさアップ!

食べきれないときは、冷凍保存もおすすめ!
2週間以内に食べきりましょう^^

子供と一緒に作る簡単フレンチトーストレシピ

子どもと一緒に楽しめる簡単で美味しい
フレンチトーストのレシピはこちら♪

(甘いVer)

簡単フレンチトースト材料

作り方

スポンサーリンク

フレンチトーストレシピ

  1. 卵、砂、牛乳、を順番にボウルに入れてよく混ぜて卵液をつくる
  2. 食パンを卵液に浸します。
    ジップロックや密閉容器に入れて冷蔵庫で一晩漬けると
    しみしみに♪(今回はパンを4等分にしました)
  3. 翌朝、フライパンでバターを熱する
  4. 卵液に浸したパンを入れて両面がこんがりと焼けるまで焼く

※フライパンを熱する前にバターを入れると焦げ防止に!
※焼いている途中で蓋をするとふっくら焼きあがるよ♪

お好みでメープルシロップやジャム、はちみつ、
フルーツやアイスなどを添えて完成♪

ちなみに今回はシンプルにはちみつをかけてみました^^
美味しくてペロリと完食しちゃった(^▽^;)

はちみつフレンチトースト

フレンチトーストの裏技

一晩なんて待ちたくない><
すぐにしみしみのフレンチトーストが食べたい!!
っていうときは電子レンジを使うのもおすすめ♪

  1. 耐熱皿(深め)にパンと卵液を入れる
  2. ふんわりラップして、電子レンジで1分半温める
  3. パンを裏返してラップし、さらに1分電子レンジで温める
  4. バターを入れたフライパンで焼く

まとめ

フレンチトーストを一晩漬けることで、
朝食がさらにお手軽で美味しくなります。

衛生面に気をつけて適切な方法で食材を保存したら、
しっかり火を通して、お子さんと一緒に楽しみながら
作ってみてね♪

子どもが自分で何かをつくることは
経験の一つにもなるし、

「フレンチトーストを美味しく作る力がある!」
なんてコンプリメントの言葉を
かけるのも忘れずに^^

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
みちりの

40代 更年期真っ只中の主婦。子どもが小学5年生の時に不登校になり、森田直樹先生のコンプリメントトレーニングと出会いました。

中学生になって2度目の不登校を経験。バリバリの反抗期とイライラの更年期が重なり、小学生時代とは比にならないほど、大変な日々を過ごしましたが、現在は息子も高校生になり、将来の夢に向かって頑張っています。このブログでは、コンプリメントトレーニングの経験談や不登校のこと、日々の生活の中で見つけたお役立ち情報をご紹介しています^^

みちりのをフォローする
日常&気になること
みちりのをフォローする
コンプリメントトレーニングPLUSお役立ち情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました