不登校は1日3分の働きかけで99%解決するを勝手にレビュー

子供のジャンプ コンプリメントトレーニング

子どもが不登校になると、
担任の先生やスクールカウンセラーの方から

病院を紹介されたり、適応指導教室やフリースクール、
不登校児の保護者会への参加を薦められたりしますよね(^_^;)

たらい回しというか、なんというか・・・

私にとって
それは全て、何かが違うと思っていました。

人任せ、学校任せ、病院任せ、薬任せにするのではなくて、
何か私にできることはないのだろうかと・・・

あなたもそう思われているのでは
ないでしょうか??

今日は、私が今までに手にした本の中でも、
本当に読んでよかったと思えた本をご紹介いたします。

スポンサーリンク

不登校は1日3分の働きかけで99%解決するとの出会い

私の子どもは、小さい頃からお腹が弱くて、
何かが起こると、トイレから出られないような子どもでした。

腹痛から登校しぶりが始まり、その数日後、
ランドセルを背負ったまま玄関で泣き崩れ
「もう学校へ行けない、死にたい」と
泣き叫んだ日から、不登校が始まりました。

Amazonで不登校関連で高い評価の本を探し、
上位に表示された数冊を速攻で購入しました。

その中で一際、レビューがよくて・・・と言うよりも、
レビューが良すぎて、もはや怪しいとさえ思える本がありました。

それが

森田直樹氏の「不登校は1日3分の働きかけで99%解決する」と言う本です。

不登校は99%解決する

 

 

 

 

 

 

本を読み終えた時、
あああ・・・・・

と言葉にならない声が出ました。
これか・・・これが、たりなかったんだって。

それは

子どもの心の中にある自信の水でした。

心の栄養が不足している。

その言葉にはっとさせられました。
そして、胸にあった何かが、ストンと落ちた気がしました。

私は、自分の母親にコンプリメントのような言葉
をかけられて育っていません。
それどころか、比べられ、否定され、叩かれ、
干渉されて育ったため、自己肯定感もかなり低い。

スポンサーリンク

子どもには私のようになって欲しくなくて、
母親のような育て方はしないと心に決めていたのに、
気がつけば、感情で怒ったり、甘やかしたり・・・

子どもを叩くことはしませんでしたが、
過干渉過保護の負の連鎖はしっかりと
受け継がれていたことに気がつきました。

もしも、この本に出会わなければ、
私は、自分が過干渉であることも未だにわからず、
感情で怒り、子どもの自己肯定感を下げ続け、

子どもの将来をダメにするところだったと言っても
過言ではないと思っています。

この負の連鎖を止めたい、私自身変わりたいと思いました。
でもトレーニング費用はやっぱり高い。
カウンセラーやフリースクールの費用と比べてしまうと、
高くはないと言われてしまうかもしれないけれど、
私にとって、そう簡単に出せる金額ではありませんでした。

そこで
本を見ながら、見よう見まねでコンプリメントを始めました。

コンプリメントの言葉をとにかくシャワーのようにかけ始めると
子どもの表情がどんどん笑顔になって行き、
数日後には別室へ登校できるようになり、
その後、時々教室へ戻れるようになりました。

もっとしっかりとコンプリメントトレーニングを
受けたい。支払いをすれば、後に引けなくなるからと
覚悟を決めて申し込み、3ヶ月後子どもは教室へ戻り、
その後休むことなく小学校を卒業しました。

今は中学生になり、私がやってしまった失敗のせいで、
2回目の不登校から立ち直ろうとしています。

不登校が99%解決するって本当なのだろうか

99%はちょっと大げさかなと思っています。
同じ参考書を買ったとしても、
全員が全員満点を取れるわけではないのと同じで、

中にはコンプリメントトレーニングが
合わない方もいるでしょうし、
途中で心が折れてしまう方もいる。

それに、

一番自信の水が減る時期に、
しっかりとコンプリメントできなかったり、

親が、コンプリメントを意識し続けることができずに、
長年身体に染み付いた子どもの育て方、
接し方に戻ってしまうこともあります。

子どもの年齢や、状況、お母さんの過干渉
度合いによってもコンプリメントの効きの早さも違いますが、

親の言葉のかけ方、接し方を変えることで、
子どもがこんなにも積極的に
そして元気になるとは思ってもいませんでした。

一度、大失敗をして振り出しに戻りましたが、
この本に出会えて、コンプリメントトレーニング、
再トレーニングを受けることができて、
私たち親子は本当に救われています。

「不登校は1日3分の働きかけで99%解決する」は、

子どもが不登校ではない方にも、
子育てをされている全ての方に
読んでほしいと思える素敵な本です。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
みち

40代の主婦です。子どもが小学5年生の時に不登校になり、森田直樹先生のコンプリメントトレーニングと出会いました。

このブログでは、コンプリメントトレーニングについても書かせていただいていますが、今現在のコンプリメントトレーニングの内容とは異なる部分もあります。ご了承の上、参考程度にお読みいただければ幸いです。

みちをフォローする
コンプリメントトレーニング
みちをフォローする
コンプリメントトレーニング日誌

コメント

タイトルとURLをコピーしました